奈良芸術文芸サロン|歴史観光の佐保山茶論.

奈良芸術文芸サロン|歴史観光の佐保山茶論 奈良の都の大宮人が「佐保」で集宴した伝承を今に語り継ぐ
― 万葉歌人「大伴家持」本貫の地「佐保」―
 

演奏会・文化講座などを気軽に楽しめる場を提供致します。


 佐保山茶論(さほやまサロン)は奈良時代、万葉の歌に詠まれた
佐保山の麓にある芸術・文芸サロンです。クラシック音楽や邦楽の
演奏、万葉集や奈良の歴史文化の講義やそれらを題材にした
芸術作品の上演などを行っています。
 奈良時代、佐保山の麓は万葉歌人大伴家持、旅人、坂上
郎女を輩出した佐保の大伴氏をはじめ高級貴族の邸宅地
でした。ここに風雅を愛でる風流士が集い、芸術・文芸を楽しんだ
ことが伝えられています。

<< 佐保山茶論のご案内はこちら >>
<< 茶論門前の大伴家持万葉歌碑はこちら >>

 

新着情報

 

奈良の深奥にふれる「万葉・歴史講座」

ページトップ


Copyright 2008 Sahoyama Salon All Right Reserved, ,
 

ホームページ制作 京都 by Ryuumu